たるたるにっき

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2009年 09月 27日 |

シルバーウィーク明けから普通に登校してます。
一学期入院していた担任の先生も万全な体調ではないけれど復帰しているので、
わたしの負担はすごく減りました。
だから仕事は以前に比べたらもう、そりゃ楽です。
一学期がやばすきた。。。
あかんもう辞めよう、二学期もこうなら辞めてやる思ったからな。
今のとこ精神的ショックというかなんか沈みがちで、
ある意味登校する事で助けられてるかもしんない。
(先生何日も休んでインフルだったん?><;;などと心配されていたがね・・・)
まだ手続きで終わってないものとかあるけど、
四十九日の法要もまだだし、その頃には香典返しもしないとで大変。


いないんだなあ、と思うとやっぱり涙でる。
すごく好きだったんだ。

葬儀のあと。
実は、わたしは舅と養子縁組をしていたと事を知った。
おかんがお願いしますと頭をさげたという。
なんだよ、お父さん、ほんとに私のお父さんだったんじゃないか。
内緒にしてんじゃないよ。
ハッとして、なんだか息が吸えなくなるほど涙が出た。
出会った時からこれまでの笑顔や優しさを思い出す。
出会えてよかった。


いつかまた会えるかもしれない。
そう思うのはなぜだろう。
そのときは、きっと間違うことなくわたしはあなたを抱きしめるよ!
[PR]
2009年 09月 19日 |


重い内容です。


つい先週、舅が亡くなった。
何年も前から治らぬ病と戦い、それでも元気で明るく生きていたのに、
7月から肺炎になり入院していた。


仕事の合間を縫い介護に行った。
入院前は二週間ほどせん妄症状が出て、わたしは泊り込んだ。
夫の実家から仕事に行き、夜は不安がる義母と共に寝て、舅を介護した。
段々と歩けなくなってゆき、舅はトイレにもいけなくなった。
ご飯も一人で食べられない。
この人の世話をするためにわたしは介護の仕事をしてきたんだ、と思った。
安定剤を処方してもらい、やっと夜眠るようになったのも束の間で。
手がかかる、という言い方はあれだが、
手が必要だったのはほんとうにそのせん妄の間だけで、
その後急に肺炎になり入院し、意識障害のため付き添いも必要なかった。


覚悟はもうずいぶん前から出来ていた。
でも。
寝込むまでは本当に普通で、どこが病気なのか、
誰が病気なの、と言って笑うようで。
何度も入退院を繰り返し、それでも舅は普通で、明るくて、希望を持っていた。
その笑顔にどれだけ助けられたかしれない。


末期の肺癌で、他にも転移していた。
脳にもいくつもいくつも数えられないほど腫瘍が広がり、なんの手立てもなくなって。
それでも、出来る治療は全部やった。
遠くまで行って高度な治療も受けた。
悔いの残らぬように介護した。
だからもう、がんばるは必要ないよ。あなたはしっかり生きた。
ただひとつ、孫の顔を見せられず、ごめんね。。


もう、いつ呼吸が止まってもおかしくないです、と言われ、
本当に、本当に覚悟した。
笑顔に会えなくなるのがつらい。
でも。もうどうすることもできない。
どうかこの人が苦しむことのないように。
血縁の家族はみんな来て、ゆくすえを見守った。
今生の別れなんだと思うと涙があふれた。


死後の処置をしてもらった舅の顔は笑っていた。
いつも見せてくれていた笑顔で。
癌なのに、脳がやられていたせいか、苦しむ事も痛がる事もなく、飛んでいってしまった。


お葬式はたくさんの人が来てくれ、どれだけ愛されていた人なのだろうと思った。
もう涙は出ないほど泣いたのに、最後、焼き場の棺の前で、花に埋もれた舅の顔に触れ、
倒れそうなほど泣いた。
夫が支えてくれたが、簡単には収まらず、当分泣いていたように思う。


その後は毎日役場や銀行やら、相続やら名義変更。
忌引きは全部用事で、まったく休むことが出来ず、疲れた。
それでも。
見上げる遺影は笑っていて、少しも病を感じさせない。
毎日毎朝、手を合わせる度、わたしもあなたのように笑顔で生きて行こう、と思う。


あなたがいてくれたから夫に出会えた。
いつも笑わせてくれて楽しかった。
大好きです。
ずっとずっと忘れません。
[PR]
2009年 08月 27日 |
活字中毒なので、暑かろうが寒かろうが読んでますとも!

ここんとこだーーっと読んだ本
ハリポタ最終巻(絶対読むので発売日に買っておいた)
恩田陸(暇つぶしに常野物語)
西原理恵子何冊か(好きなのでなんか出るとつい買ってしまう)
小松左京短編集(本屋で見た>あれ?なんか以前読んでた)
村上春樹のあの本(もともと好きな作家だが、この本なぜあんなに売れたのか知りたかった)
開高健(なんとかフェア(?)で新しい装丁のエッセイ集出てた>ほとんど知っている話だt
エリザベス キューブラー・ロスの自伝
(後半オカルト的な部分もあったが、なんだか村上春樹の読後だったのでアレとコレがかぶって、
随所に出るその言葉に涙とかなんか出たじゃないk)<わからん人すまんね!

んが、やヴぇーもう全部読んじまった。
う~んまあ、天邪鬼が高じて今頃買った村上春樹、
正直そんな売れなくてもいいんjy・・・げふんげふん。
二回通して読んだが、続編ありそうな感じする終わり方。
想像するのも楽しいけど、出たらまた売れるんだろう。
そしてわたしもなんか言いながらも読むんだろう。
読後つい本棚探して、
「アフターダーク」やら「アンダーグラウンド」やら、
一番好きな「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」やら再読しました。
しかしわたしの中の順位は揺るぎなかった。
でも続編があればきっと読む。


あ~明日登校日。くそが。
(オンナノコはくそとかいったらだめなんだよ><
[PR]
2009年 08月 23日 |
夏休みだったけど、病人がいるので気分は休めない。
夜も気がかりで電話鳴るたびビックリしてます。
なので夏休み。
どこにも遠出してない。あーあ・・・
で、何してたかとゆ~と、まあ、おうちでゲームデスヨ。

ドラクエは発売日前に手に入れてたのでずんどこ遊んでます。
そこらに出かけるたびに「すれちがい仕様」にしウロウロしているのに、まだ6人^^^
(うち二人は身内とかもうね
何この田舎町あと350万本売れたとかうそだろくs
「旅芸人」レベル99になり、男の子の装備もしてみたいしい等の理由で
アクセ目的で転生したが、はっきり言って・・・しないほうがよかった
スーパースターになりたかったのだが微妙だし、今は羽帽子かこいいから魔法戦士です。
PTは魔法戦士・パラディン・バトマス・賢者で全員はくあい・ゆうかん・とうこん・きあい覚え
賢者だけはMP増やすとこ、魔法攻撃増えるとこは全部覚え、
主人公は曲芸やらオーラやらお宝やら覚えています(どんだけ廃プレイなんだと

夫もかなりやってましたが今はモンハン3してます。
わたしはド下手なので見てるだけですが。
地雷並みの、実名系で太刀使いです^^^^ランクは55だったような。
イビルジョーというきもい奴と戦うのが好きなようで、そこばっかり行ってます。
装備が作りたいらしいが、素材がドMです。
実際見ていると低確率ですがアホウに出会うので観察する身としてはすごくおもしろいです。
ちなみに夫はモンハンずっとやってる人なのですげえうまいです。くやしいです。
何なのこのひと実名のくせに。ひげ面のおっさん声なくせに!!

時間さえあればFF辞めなかったんだけど、オフラインで出ないかな、あのままで・・・
[PR]
2009年 08月 13日 |

FFは、けっこう前に課金停止しました。
一学期、担当が替わってしまったせいもあり、目が回るほど忙しく、
旦那さんのお父さんが倒れるなど家庭でも忙しく、どーーーにもできましぇん。。

もともとただのゲームだし、時間つぶしだし、
なんも感慨なかろうと思っていたけど、一人で辞めようときめ、
誰にも告げずに消えるのは忍びなく、
どうしようかなあと思ったけれど。

それを決めた日。
最後に、モグハウスで分身に、
「今までありがとうね」
「名前をもどしてあげられずごめんね」と声をかけ、少し泣いて、
最後に「さようなら」を言い、課金停止しました。

誰に見せるわけでもないんだけどw
すこし、思い出を。


過去ログみたら2003年からここにいたのな。
あれ今何年?・・・もともとはじめたの考えたらけっこうやってたな。
ある意味、成長と恋の記録。。。
こんなん旦那さんに見られたら、死ぬね^^^v


うん、でも、ほんと、楽しんでたなあ。
いやな事もいっぱいいっぱいあったけど、上回る部分でいつも楽しかった。
友情もあった、恋もあった。
喧嘩もしたし疑心もした。
想いがうれしくて泣いた。苦しくて泣いた。


なんだったんだろうあれ。たくさんの。夢?wwww
あかん、なんか泣きそうw誰かわらわせてえええwwwwwww


いやあ、ほんと、若かったな。
すぐ燃えたしすぐ動いたし、寝なくても次の日普通に働いてたし。
あんなに泣いたのになぜすぐ笑えたんだろう、
一緒に泣いてくれた人たちがいたからだよなあ。
腹痛くなるほど笑ったり、助けたい、がんばって、と願ったり。


いろんな人との関わりがありました。
しかし。
復帰してからのわたしは閉塞的でした。
そして、忙しすぎました。
挨拶すらできないままの人もいました。
ほんとうは話したかったのに。
そこに行きたかったのに。一緒に遊びたかったのに。
言えなかった。
だから「一人でいるのが好き」と言って、自分に言い聞かせるように言って、
そうしてるうちにだんだん、もう一人でいるしかなくなった。


かかわりすぎるとつらくなる、(ある意味自分の思い込み)
時間も取れないし、迷惑になるし。
ああ、やっぱり考えすぎ。実際時間なかったしね。。
でもまあ、そうするしかなかったのだよ。


また会えるかどうかわかんないけど、
お世話になった人たちに。
あの子に。
さみしがりの背中を見ていてくれた人に。


言えなくてごめん、黙っていてごめん。
でも今までありがとう。
すごくすごく楽しかった。
言葉では足らない。抱きしめたい。
大好きでした。
どうか本当にお元気で。



みなさん、わたしの青春でした。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
夏猫 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集